市長懇談のまとめ

   

 日時:

2012年11月26日 PM4:45〜
 場所: 秘書課会議室
 人 :

市役所  :

鈴木恒夫 市長
市政調査担当参与 西貝成一さん

 

市民の会 :

小林代表 他 合計5名

今回は、忙しいにもかかわらず市長に時間を取っていただき、
和やかな雰囲気のもと懇談していただくことができました。

以下は簡単な報告です。(文責:藤沢市政を考える市民の会)。

善行土地問題に関する訴訟について

10月10日付けで前市長が名誉毀損で提訴した件については、市民の会としても鈴木市長を全面的にサポートするので、法廷対応をお願いします。当会の考え方は以下のホームページで公開しています。

   海老根前市長の名誉毀損訴訟に毅然と対処し早急に善行土地問題にケジメを

また、100条委員会の最終報告に基づく市側からの提訴についても既定方針どおり実施していただくよう、お願いしました。100条委員会報告に関連する情報を以下にリンクしておきます。

  百条委員会の告発(その後)について(藤沢市議 おおや徹さんのブログ)

 

9月市議会で採択された3陳情について

採択された3陳情(オスプレイ、大飯原発、県の施設)について議長名での文書が出されましたが、市長としてもバックアップをお願いいたします。

 

市庁舎本館建て替えについて

11月1日付けで、市のホームページに概略説明が掲載されました(以下をクリックしてご参照ください)。

 http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/content/000366453.pdf

これによると新庁舎の完成は平成29年度で、来年度は、パブコメや市民WGが実施されます。 

現状、本館西側の道路から階段で本館前広場に上がってきますが、階段が急斜面で危険です。建物だけでなく、危険な階段などの付属施設についても基本設計の中でご配慮をお願いします。

 

有機質資源再生センター(たい肥化センター)撤収について

PFI方式の欠点が露呈した悪例であり、原因解明を徹底し、将来同じ誤りを再発させないようにご配慮ください。撤収に関しても10億円以上の費用が必要です。国や県に補助金の返金を行うため3億円の補正予算が12月市議会に提出される予定です。