2012年藤沢市長選挙のまとめ

2012−3−24 藤沢市政を考える市民の会

 

5、「藤沢市政を考える市民の会」の今後の方針

  @、会則を改定(会の目的の変更)し、今後も運動を続けたい。

 現行の会則は、「市長を推薦・擁立することを会の目的とする」となっており、鈴木氏の当選で、会の目的は達成された事になりますが、市長を擁立したからといって、このまま解散してしまえば会が選挙中訴えてきた事は、鈴木新市長にお任せするだけとなってしまいます。市民の声が市政に反映される市政を作ろうと訴えてきた私たちの公約を実現するためにも、次回全体会議で会則を改定し、今後も会の継続を図ってゆくことにしたいと思います。

  A、会員の再登録、新役員の選出を行い、会の組織を一新したい

     現在の会員は、現在の会則に基づいて、市長選勝利に向けて参加したものであり、会則を変えた場合、引き続き会に残るか止めるかは、本人の選択に任せられるべきものです。そこで、次回全体会議で会員の再登録を行い、再登録した会員で会を存続させてゆくことにしたいと考えます。次回全体会議は 月 日に行い、会則の改定、新役員の選出、年会費等を審議したいと考えます。

 

印刷用の全文pdfファイルをダウンロード