2012年藤沢市長選挙のまとめ

2012−3−24 藤沢市政を考える市民の会

 

4、今回の市長選で果たした当会の役割

@、1027日会結成後直ちにアッピール発表し、市議会各派に共同を訴えたことは、各界に反海老根の市長選を共同して闘う機運を作り出す上で大きな力となりました。

A、1226日、第2回懇談会で政策的合意、鈴木恒夫氏を市長候補に推薦する事を決めた事は、市民派が鈴木氏を先頭に超党派で市長選を闘う出発点になりました。

B、市民がカンパを募り、独自に事務所を構え、鈴木恒夫氏を全力で支援したことも、勝利を勝ち取る上で大きな力となりました。

C、112日の決起集会には、鈴木陣営からも代表が参加し、また鈴木氏を支援する政党各会代表、市民が集まり、反海老根・鈴木支援を確認しあったことは、個別に闘う選挙とはいえ、お互いの連帯感を高める上で大きな力となりました。

D、藤沢市職労の三野氏支持に対し116日、当会が市役所前で批判ビラを配布したことは、市職員に大きな影響を与える事が出来ました。

E、22日の藤沢青年会議所主催の立会討論会に対しても、コーディネーターの経歴詐称批判や海老根氏のマニフェスト批判を、HPや質問状、当日の市民会館前のビラ配布等で適切に反撃できたことは、海老根陣営に効果的なダメージを与える事になりました。

F、当会が作成した鈴木氏押し上げの8万枚のカラービラは、選挙法との関係で全戸配布直前、中止せざるを得なくなりましたが、鈴木必勝の意気込みを全会員に伝える上で大きな力となり、選挙本番での支持拡大に役立ちました。

G、当会独自の政策ビラ、鈴木氏の法定ビラ等の配布を、市内のJR、小田急全駅頭、主要な江ノ電駅頭で行い、市民に鈴木氏の支援を訴えました

H、当会が、ホームページを立ち上げ、都度、会の動き、選挙情勢、相手陣営の問題点を指摘したことも鈴木勝利を勝ち取る上で大きな力となりました。

 

第5章 「藤沢市政を考える市民の会」の今後の方針」にジャンプ

印刷用の全文pdfファイルをダウンロード